fc2ブログ

沖 仁 SPRING TOUR 2013 ~Dialogo~に行ってきました。 

  沖 仁 SPRING TOUR 2013 ~Dialogo~に行ってきました。
  Dialogo~対話 今回のお相手は 雅楽の貴公子☆東儀秀樹さん♪
  生で雅楽器の演奏を聴くのは初めてでとても楽しみにしておりました。
 
  雅楽というと笙のイメージですが、他にも色々な楽器がありまして
  東儀秀樹さんが専門として演奏する雅楽器は篳篥(ひちりき)だそうです。
  ちょうど、写真で手にしていらっしゃいますが、
  リード楽器の原型ともいわれているそう。
  篳篥は地に在る人の声を表すそうで、なるほど、
  SAXなどの歌う楽器と似たイメージの音色でした。

  宮内庁の楽師には管楽器において「他管を侵さず」という厳格な決まりがあり、
  例えば篳篥を選んだ時点で他管の龍笛や笙を演奏することはないそうです。
  宮内庁を離れ、フリーの雅楽師であるから笙も演奏されるのですね。
  生で聞く笙の音色は天から光を纏って降りてくるかのようで、
  キラキラとしていました。神々しい音色といえばよいのかしら。
  吹き込む音がああやって重なりあうのって、初めて体験しました。
  凄いですね~♪
 
  ピアノとお二人の演奏はまさにDialogo!
  今回もとても格好良かったです。
  フラメンコギターと篳篥や笙のコラボというよりは
  沖仁と東儀秀樹のコラボ、お二人だからっていう内容なんでしょうね。
  何より、お二人とも楽しそうだったのがまたまた良かったです。

  私もとーっても楽しみました。
  やっぱりブルーノートは距離が近くて良いですわ。

  そういえば~1日目の1stには
  とんでもないサプライズゲストがいらしたとか何とか。。。

  う~らやましいっ。

続きを読む

スポンサーサイト