スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春風亭小朝・林家正蔵 二人会に行ってきました。 

  春風亭小朝・林家正蔵 二人会に行ってきました。
  2日間で4劇場4公演のうち名古屋市西文化劇場での公演です。
                                ’13年5月29日
 
  【演目】
  林家 まめ平 「犬の目」
   開口一番はこちら~正蔵さんのお弟子さんだそうです。
   犬の目はいっくら何でも入れないよね~

  春風亭 小朝 「池田屋」
   落語と言うよりは講談ですね。講台を置いていましたしね~
   上手いんですけれどね~立て板に水の如し、流暢な話っぷりで。
   独演会での一つならこの手が入っても良いけれど、
   二人会のときは、出来たら落語が聞きたいなぁ。   
   

   仲入り


  瀧川 鯉斗 「強情灸」
   登場したときにジャニタレかと思いました。
   造形が整っておられますね。

  林家 正蔵 「悋気の独楽」
   このお話はよく聞く機会がありますね~
   マクラの方が楽しいってーのは、私の好みの問題です。はい。   
   

   箱の大きさも丁度良くって、楽しい落語会でした。
   さてー次の落語は7月の予定♪
   また楽しみです。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。