スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

祇園つじや~これからが楽しみなお店です 

  時系列が前後しますが、
  2日目のお昼ご飯をこの京都旅行の〆に書きますね~
  詳細がわからないところがあって同行した友人に聞いて書きました(^^ゞ
  本日はパクリ文章でございます~

  祇園の本通りから少し北に入った立地。
  カウンター9席の小さなお店でお昼は\4200-のコースのみ。 '12年4月訪問
 
   京都ツウな友人のオススメのお店です。
   京都ビギナー軍団でカウンターにずらーっと並んで座ります。

   暑い日でしたので、まずは生ビールできゅーっとやりながらいただきます。
   P4290747.jpg
   飛騨牛のお寿司 岐阜出身のご主人らしいお皿。
   牛の脂も酢で少しさっぱりするから食べやすいです。
   P4290749.jpg
   初鰹の銀皮造り 鰹は厚切りに限りますね。
   P4290752.jpg
    日本酒はアンティークのグラスで。私が選んだグラスはこちら~
    P4290757.jpg
   焼梅のサワラと竹の子入り桜餅の椀 桜の葉が良い香りです。
 P4290759.jpg
  焼き竹の子、ホタルイカ、ワケギの蕗味噌かけ、つぶ貝と花山葵の醤油漬け
 P4290765.jpg
  鯛カマの酒蒸し ゼラチン質がたっぷりのカマでした。
 P4290769.jpg
   曇っちゃった~
   P4290772.jpg
   アサリご飯焼きおにぎりのお茶漬け グラグラまだ煮えています~
   P4290774.jpg
   うすい豆のムース、きな粉のアイス
   P4290779.jpg
  調理する場所が遠かったので
  あまりご主人とお話しすることは出来ませんでしたが、
  実直な人柄が伺える料理達でした。
  ご飯ものが2品あるせいかお腹もとても膨れますし、人気があるのも頷けます。
   
   
  和風ラウンジだった場所を改装してつくったお店だそうで、
  カウンター席の目の前にシンクがあるのですが
  ここでがっつりお皿を洗うのはちょっと厳しいかなぁと思いました。
  音も響くし、カウンター上に水ハネもします。
  飲み物を注ぐのもよく見えますから、ペットボトルの入れ物も考えものです。
  お客は料理を食べに来ているだけではないのですから。 
  それから、折角美人の女将さんなので
  笑顔をキープしていただけると嬉しいですね。
  お料理も更に美味しくなるってものです。

   
  ご馳走様でした!
  まだまだお若いご夫婦のお店ですから、
  これからどんな風に化けるのか楽しみなお店だと思います。

   
  祇園つじや 「HP」
  京都市東山区新橋通花見小路東入ル北側
  075-551-5557
  12:00~15:00(L.O.13:00)
  18:00~23:00(L.O.20:30)
  定休日 水曜日




関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/1032-2f6e218b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。