スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サグラダ・ファミリア~スペイン旅行記6日目その1 

 バルセロナに来て、ここに立ち寄らない人はきっといらっしゃらないでしょうね。

 正しくは「サグラダ・ファミリア贖罪聖堂」。
 サグラダファミリアとは「聖家族」の意味で、
 聖母マリアの夫ヨセフを信仰する教会として1882年着工。
 翌83年、前任者が辞任したことによりガウディが引き継ぐこととなったそうです。
 
 今ではバルセロナのシンボルとも言われる存在となり
 スペイン国内でも入場者数トップクラスの世界遺産です。

 贖罪教会なので、建設資金は喜捨(寄付と入場料)でまかなわれています。
 そのために、別々の箇所を同時に建設することは出来なかったのですが、
 1990年代以降は訪問者の流れと作品の世評の高まりが財政状況を好転させました。
 建設に費やす年月は当初100年とも300年とも言われていたそうですが、
 現在の公式発表ではガウディ没後100周年目の2026年に完成するとされています。
PB224100 - コピー
 サグラダ・ファミリア前の公園からの景観は撮影にもってこいです。

 建築中の建物というのは、色々な角度から写真に納めたくなります。
PB224101 - コピー
 東側の生誕のファサード(門)から、私達は敷地内に。
 この門では、
 キリストの誕生から初めての説教を行うまでの逸話が彫刻によって表現されています。
 3つの門によって構成され、
 左門が父ヨセフ、中央門がイエス、右門が母マリアを象徴しているそうです。
PB224108 - コピー
 中央門では、受胎告知、キリストの降誕、祝福をする天使、東方の三博士や羊飼い達などが
 左門ではローマ兵による嬰児虐殺、家族のエジプトへの逃避、ヨセフの大工道具などが、
 右門にはマリア、イエスの洗礼、ヨセフの大工仕事を手伝うイエスなどが彫られています。
PB224109 - コピー
 つい何枚も写真を撮ってしまいますね。
PB224110 - コピー
 中央の門を構成する柱の土台には変わらないものの象徴として亀が。
PB224111.jpg
 さあ。中に入りましょう。

 入ったら、思わず感嘆の声を上げてしまいました。

 今まで拝見した歴史的な教会とは、全く違います。
PB224166 - コピー
 子供の頃から自然を敬愛していたガウディは、教会の厳格な雰囲気を和らげるために、
 聖堂部分を森のようにイメージしたそうです。
 丸い天井を上手く支えられるよう、柱を枝分かれした木々に見立てたので、
 聖堂内はまるで白い杉林のようです。
 まるで森林浴気分。
PB224115 - コピー
 清浄な空間。
PB224120 - コピー
 花形にくり抜いた窓にはめ込まれた色彩豊かなステンドガラスは、
 自然光を受けて万華鏡のように輝いています。
 宗教画を使っていないステンドガラスは今回のスペイン旅行で初めて見たかも。
PB224122 - コピー
 現在通ることが出来るもう一つの門も見学します。
 西側の受難のファサードには、イエスの最後の晩餐からキリストの磔刑、
 キリストの昇天までの有名な場面が彫刻されています。
 東側とは全く異なり、現代彫刻でイエスの受難が表現され、左下の最後の晩餐から
 右上のイエスの埋葬まで「S」の字を逆になぞるように彫刻が配置されています。
 最後の晩餐→ペテロとローマ兵たち→ユダの接吻と裏切り→鞭打ちの刑→ペテロの否認→
 イエスの捕縛→ポンティウス・ピラトゥスと裁判→十字架を担ぐシモン→
 ゴルゴタの丘への道を行くイエスとイエスの顔を拭った聖布を持つヴェロニカ→
 イエスの脇腹を突くことになる槍を持つ騎兵ロンギヌス→賭博をするローマ兵→
 イエスの磔刑→イエスの埋葬と復活の象徴、
 そして鐘楼を渡す橋の中央に昇天するイエスが配置されています。
PB224129 - コピー
 受難の門の更に上を見上げると~塔が。今からここを上ります。
PB224133.jpg
  いざいざ~この日は比較的空いていたそうです。時間が早いからかな。
 PB224135.jpg
 塔の上からの景色。
PB224139.jpg
 建築現場もすぐそこに見えます。
PB224144.jpg
 下から見上げたブドウやパンノキのモニュメントが~
PB224147.jpg
 バルセロナの街を眺めます。
PB224150 - コピー
 隣の塔に移って、上から内部の写真を撮りました。
 内部はエスカルゴをイメージした螺旋階段になっています。
PB224154.jpg
  塔のモニュメントもすぐ近くに~タイルが可愛いです。
 PB224152.jpg
 下りてきてから、もう一度見上げると位置関係がよくわかりますね~
PB224163 - コピー
 地下の博物館にはガウディやサグラダファミリアの歴史や
 構造の力学的説明なども紹介されていてとても興味深かったです。
 こちらは模型ですね~
PB224159.jpg
 現在進行形の建築物であるからこそ、来る度に様子が変わって、
 リピーターを増やす理由にもなっているのだと思いました。
 
 もし、またスペインに来ることがあったら私も是非リピートしたいと思います。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/1192-255dff5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。