スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カサ・バトリョ~スペイン旅行記6日目その4 

 ランチのお店から、ガウディの代表的建築物 カサ・バトリョ が近い。とのことで、
 もし、並んでいなかったら入ろうか~と行ってみたら、列はなし!
 混むときは、午後は数時間待ちっていうのもザラだと聞いていたので、
 明くる日の朝イチにしようかと思っていたのですが、予定変更!

 カサ・バトリョは、大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、
 1904年から1906年にかけて、ガウディが改築を行った邸宅。

 この邸宅の造形には色々な説があるそうですが
 屋根の一部が丸く盛り上がり、まるでドラゴンの背中のように見えることから、
 カタルーニャの守護聖人である
 サン・ジョルディの竜退治の伝説をなぞっているという解釈が有力だそう。
 別名「骨の家」と呼ばれるのは、この伝説から来ているのだとか。
PB224304 - コピー
 第二の解釈は屋根をアルルカンの帽子に見立て、ファサードのバルコニーは仮面を、
 ジュゼップ・マリア・ジュジョールによる様々な色の破砕タイルのモザイクが
 祭りの紙吹雪を表しているとする謝肉祭説だそう。

 このバトリョ邸では日本語のアナウンスガイドを借りることが出来ます。
 それを聞きながらゆっくりと中を見学しました。
PB224235 - コピー
 色ガラスの使い方が綺麗。
PB224242 - コピー
 天井に直線がない。です。ほんとだー
PB224250 - コピー
PB224251 - コピー
 向こう側はバルコニー
PB224259 - コピー
 角度を変えて
PB224261 - コピー
 バルコニーは可愛いながらも思ったよりは普通。中から眺める方が素敵。
PB224268 - コピー
 モザイクタイルが可愛い~
PB224273 - コピー
PB224270.jpg
 光を取り込んで美しいです。
PB224275 - コピー
 光の強さを考慮し、上の方には色の濃いタイルを、下の方には薄いタイルがはってあります。
 スペインの強い日差しを家の中に柔らかく取り込む工夫なんでしょうね。
PB224276.jpg
  トイレは普通だね。
 PB224277 - コピー
PB224279 - コピー
 屋上に出てきました。青空が綺麗です。
PB224281 - コピー
PB224292 - コピー
 グリ-ンピースと言った友人もおります。
PB224298 - コピー
 角度を変えると~確かに鱗に見えますね。
PB224294 - コピー
PB224300.jpg
 ミュージアムショップにはガウディデザインの家具が。
 きっとこれも座り心地が良いのでしょうね~食卓に欲しい~
PB224303 - コピー
 これだけ観光客が大挙して訪れるこの建物。住んでいる人もいらっしゃるのが驚きです。

 あー面白かった。

 さて。この後はお買い物と~市内散策に勤しみます。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/1195-2718e733

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。