スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

濱金 ~ぷりっぷりのかしわ水炊き 

  この日のメインは千種区の 濱金 ♪
  存じ上げなかったお店ですが、
  友人が教えてくれたお店をまた別の友人が予約してくれました。
 
  場所は今池駅からすぐ。錦通り沿い。         ’13年3月訪問
  何度も何度も前を通っていたはずなのに、
  全く気付いておりませんでした。
    
  それもそのはず、創業は明治時代という老舗!
  黒塗りの壁の日本家屋。その佇まいからすでに、
  自分と関係ないと思っていたのでしょう。。。

  もともと大須にお店があったそうですが、戦災で焼失した為
  現在の場所で戦後から営業されているそうです。

  お料理は鶏の水炊き一種類のみです。 
  最初に紫蘇茶でお口の中をスッキリと。
 P3090049.jpg
  御料理は、まず初めに 椿 が運ばれてきました。
  もとい鶏のササミと砂肝のお造りでございます。 
  見てわかるとおりの鮮度、そしてむふふなお味。
 P3090053.jpg
  お次は、水炊きの支度♪
 P3090054.jpg
  うひゃ~♪
 P3090056.jpg
  お鍋は全て仲居さん仕切り。繊細な鍋料理はそれが一番安心です。
  鉄鍋に大ぶりの鶏肉と具材投入!水から煮込みます。
 P3090059.jpg
 P3090060.jpg
  つけだれは大根おろしとうずらの卵、醤油ベースのタレにお好みで山椒。
  煮えたかどーだか食べてみよう♪
  何てことはありません。いただくタイミングは仲居さんの指示通りに!
 P3090064.jpg
  むしゃむしゃむしゃ♪ 
  うわ~ぷりっぷり!うまうま!しかし、絶妙な火の通り加減です。流石。
 P3090070.jpg
  最初はビールでしたがいつの間にか芋焼酎。
  ピースな友人はロック。私は湯割。
 P3090071.jpg
  もも肉は豪快に小鉢からはみ出しました。
 P3090073.jpg
  お鍋の最後はご飯と卵をを入れて雑炊に。
 P3090078.jpg
  やわやわの玉子丼です。それも旨味たっぷりの。これがまた、良いの。
 P3090079.jpg
  水菓子はメロン
 P3090082.jpg
  老舗らしい素敵なお店でした。全個室っていうのもいいですね~
 P3090085.jpg
  鶏料理だと思うと少々値が張るイメージかもしれませんが
  この内容なら私は満足です。
  牛肉より鶏肉の方が、私は好きですしね。
  
  ご馳走様でした!
  また伺いたいな~と思います。

  濱金
  名古屋市千種区今池4-7-16
  052-731-3190



関連記事
スポンサーサイト

コメント

冒頭に笑わずにはいられませんでした(苦笑)

sakaeさんへ

そして、言い出しっぺは行けないという珍事(爆)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/1269-1cb11686

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。