スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

禅居庵~どや顔☆猪に会いに 

 さてお次の行き先は禅寺建仁寺の塔頭・禅居庵、摩利支天堂です。
 京都では「まるしてんさん」と呼ばれているそう。

 本尊・摩利支天は、三面六臂で七頭の猪に坐す姿で表現されています。
 大鑑禅師が中国より勧請したとされていますが、その起源は、
 威光・陽炎(かげろう)を神格化した古代インドの女神マーリーチーにあるとされています。
 さらには、古代インドの太陽神スーリヤや古代イランの神にまで遡るという説もあります。
 いずれにせよ、かなり古い起源の外来神であることは間違いないようです。
 摩利支天はまさに陽炎のように、捉えられず、焼けず、濡らせず、傷付かない。
 隠形の身で常に疾行し、自在の通力を有すとされます。
 これらの特性もあって、日本では武士の間に、
 摩利支天を武運・開運・勝利の神様として崇める信仰が広まったそうです。
 厄除けなどのご利益もあるとされ、祇園・花街の人々からも信仰されているそうです。
 特に、亥年生れの人々には守り本尊として信仰されているそうです。

 金沢の宝泉寺(ほうせんじ)、上野アメ横の徳大寺と共にこちらは、
 「日本三大摩利支天」のひとつにあげられているそうです。

P5051135.jpg
 ここでは狛犬ではなく、あうんの狛猪などが見られます。こちらが「あ」
P5051136.jpg
 こちらは「ん」 どや顔に見える…
P5051137.jpg
 あちらこちらに細かく猪~
P5051139.jpg
 丸っこいのも。
P5051140.jpg
 禅居庵の本尊、摩利支天は年に1回しか見られませんので、
 京都の街角で見かけた摩利支天を載せておきます♪
P5051026.jpg

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/1307-16b8d4a3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。