スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蕎麦工房 膳~今回のツアー〆のお店です 

姫路城から始まった今回のツアーも最後のお店です。
芦屋から移動して、お昼ご飯は京都。京都と言っても中心ではないんです。
それも、お店の前にたどり着くための道はかなり細い。
運転に自信がない方は車では来られません。     ’09年11月訪問

蕎麦の花。可憐よね~
奥にあるそば殻はご自由にお持ちください。ですって。
PB150389.jpg
お品書きはこれだけ。かえって潔いですね。
ちなみに冷たいお蕎麦のみ。
PB150376.jpg
もう京都だし、運転も替わらなくて良いかな~と。日本酒。
焼き味噌の中には蕎麦の実と葱。
PB150378.jpg
ご主人の仕事ぶりがよく見え・・・
違うな、ご主人が全ての席を見渡せるようになっています。
PB150377.jpg
もりそば
PB150381.jpg
まずは細かい目のお蕎麦。国産、十割、こだわり満載。これ、喉越しが凄く良いです。
PB150382.jpg
鴨汁。ちょっと濃いめなので少しお蕎麦をつけていただくとちょうど良い感じ。
鴨、葱、美味しい。青ネギって珍しいような気がします。
PB150385.jpg
次、粗い目。喉越しすっきりとは行きませんが、香りも味もしっかりしています。
特に指定しない限り、2種類のお蕎麦が出てきます。欲張りな私向き。
PB150386.jpg
そば湯
PB150387.jpg
蕎麦の実。
PB150388.jpg
内容から考えればCPは良いんじゃないかな。
ただし、こだわりが強くて数が沢山出来ないそうで、早い時間に売り切れになることもあるそうです。
場所が悪くても、ちゃんとお蕎麦が好きな人がやってくる。そんなお店だと思います。

ご馳走様でした。
また機会があったら伺いたいです。

蕎麦工房 膳「HP」
京都府京都市伏見区久我東町2-22
075-934-2620
11:30~15:00(売切次第閉店)
定休日 火曜・水曜・木曜

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/208-af953d48

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。