スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Patisserie Abondance~静岡ウマウマツアー第2弾 

宮本でお昼ご飯の後は、こちらでデザートを購入です。
駐車場は、お店の前と裏手にありました。         ’09年12月訪問
PC260886.jpg
抜けるような青空をイメージしてあるのでしょうか?
美しい青が印象的な外観です。

お店の脇にあった黄色のDucatiはシェフのかな~かっこよかった。

中に入って、ショーケースを見ると色とりどりのケーキ達!
ちょうど、シェフ自らが販売をしてみえて
とても陽気で楽しそうにお客さんと話をしているのがとても微笑ましかったです。
迷っていたら、店員さんが丁寧に説明をしてくださってこれも好印象。
ケーキって迷うのよね。このときの対応が次に繋がるんです。
すぐみんなで食べる用と自宅用に写真の通り、色々と購入。
PC260888.jpg
シュープレーム ミルフィーユ モンブラン 

PC260894.jpg
フルールブランシュ ラフランスのケーキ(名前失念) 

PC260913.jpg
フロマージュ シュープレーム 

PC270939.jpg  PC270940.jpg
ディプロマット                フュイ ド トン

PC270941.jpg PC270943.jpg
焼き菓子も色々と

どれも美味しいのですが、特に気に入った物は
シュープレーム~ヘーゼルナッツとアーモンドのダックワース生地とバニラクリーム
ミルフィーユ~アルザス地方の伝統的な作り方だそうです。
よくあるミルフィーユは果物を使っていて水分が出てしまい、パイ生地のさくさくがなくなるんですよね。
これは、果物なしでサックサク。
フュイ ド トン~アーモンドのメレンゲにチョコムース、今回いただいた物の中では一番ドスンと来る味。
でも、飽きないから不思議。チョコレートのケーキとしては軽いと思う。
焼き菓子はどれも秀逸。

フランス人シェフでダロワイヨ、ボーヴィリエ、ヴィヴァロアなどの経歴だけ聞いて
私はてっきり、これとこれを併せるなんて考えもつかないだろう?的なパンチ×パンチのケーキ類を想像しておりました。
ところが想像とは全く違い、フォークを刺して口に運ぶと、
するりと口の中でほどけてゆくような優しい優しい味のケーキ。
素直に胃と心に収まると言えば良いのかな。
これは、何個でもいけちゃうタイプのケーキです。危険危険。

ご馳走様でした!流石の人気店です。
また伺いたいと思います。

Patisserie Abondance「HP」
静岡県浜松市中区住吉2丁目14-27
053-473-8400
10:00~20:00
定休日 火曜日 / 第 3 水曜日

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/211-b6a869fa

Patisserie Abondance その2~浜松ツアーの〆よん

  浜松ツアーの〆はこちら~♪             ’12年3月訪問     土曜日の午後に伺ったのですが、たーくさんの車!!!混み混み人気店です。

  • [2012/05/12 21:23]
  • URL |
  • *PIYO*のうまうまのまふまふ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。