スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊勢志摩旅行記その4~二見興玉神社 

  鳥羽水族館をでて向かった先は、二見興玉神社です。
  夫婦岩という方がわかりやすいかな。
  主祭神:猿田彦大神、宇迦御魂大神、綿津見大神(境内社 龍宮社)、
      大若子命(飛地境内社 栄野神社)
  
  今回の旅行のメインは神宮参拝なので、古来の慣わし通り二見浦で禊
  ・・・寒くて流石に無理なので、こちらでお参りをしました。

猿田彦大神のお使いは蛙とされていて、神社参拝の後に御神徳を受けた人々が、
神社の境内に蛙の塑像を献納するそうです。だから境内は蛙だらけ。
P3202365.jpg
夫婦岩~左が男岩、右が女岩。
日の大神(天照大神)と興玉神石を拝むための鳥居の役目を果たしているとか。
夏至の頃には夫婦岩の間から御来光が拝め、
冬至の頃には月がこの間から昇るそうです。
写真でしか見たことがありませんが、それは幻想的な風景です。
P3202372.jpg
確かに、何も遮るものがない水平線から昇る太陽の光を浴びると
力を分けてもらえるような気がします。

こういうところに来ると、自分が日本人だな~とつくづく思うのです。

二見興玉神社「HP」

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/303-20d9f956

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。