FC2ブログ

満拿~薬膳鍋でぽっかぽか 

   栄でもこっち側、それも夜にはなかなか踏み込まない地帯ですが
   このためなら、何のその。         ’10年12月訪問
   PC180310.jpg
   2年前、とある忘年会で利用させて頂いて大感激したお店です。
   次は主人と!と思ったのに「薬膳」に腰が引けたらしく
   なかなか行くと言ってくれませんでした。
   何で行くことになったかって?ほぼ連行状態と言っても良いかも。

  予約した時間ぴったりにお店に伺うと、一番乗り。
  2年前と全く変わらない素敵なお母さん(綺麗なんです)が迎えてくださいました。
  PC180315.jpg
   とりあえず~老酒(^_^)
   PC180316.jpg
   台湾蜆\700- 生の蜆が薬膳のたれと紹興酒につけてあるそうです。
  PC180318.jpg
    おそるおそる口にする主人。あ、美味しいわ。と一言。
    PC180320.jpg
    漢方たれと蜆エキスたっぷりのスープはお水で割って飲んでしまいましょう♪
    PC180321.jpg
    ピータン豆腐\1200- 実は家の夫婦はピータンが得意ではありません。
    ここなら食べられるんじゃないかと、チャレ~ンジです。
  PC180323.jpg
    あれ?ピータン臭さがないね~と姿を確認。ちゃんといますね。
    これなら大丈夫~美味し~い。と二人でぱくぱく。
    PC180324.jpg
    薬膳鍋(一人前\3500-2人前から注文できます)の始まり始まり~
    まずは石鍋を焼まーす。
  PC180325.jpg
  そこに20種類の食材・漢方薬を配合した秘伝の味噌タレに漬けこんだ肉を投入!
  PC180326.jpg
  焼けたお肉は生卵に薬味などを入れた特製タレで、すき焼風にいただきます!
  うまうまうまうま!!!!!主人もにっこにこ。来て良かったでしょ?
 PC180330.jpg
  お肉が終わるとそこに15種類の生薬を配合したスープを投入
  PC180331.jpg
  野菜各種にエビやちくわなどが入ります。トマトや白菜がお気に入りです。
  主人は汗をかきかき食べています。私もぽかぽかしてきました。
  PC180334.jpg
  〆はこのスープをたっぷりすわせた雑炊よ~
  余すことなくいただかないともったいないですから。
  PC180337.jpg
  黒米の雑炊は薬膳スープをいっぱい吸って、また美味しいのなんのって。
  PC180342.jpg
  豚角煮\1600- 豚肉大好きな私たちは必食~とろとろです。
  PC180332.jpg
  最後、デザートはところてん。お口さっぱりです。
  PC180345.jpg
 主人に感想を聞いたところ、最初は漢方の香りが鼻についたけれど、
 一口二口食べているとすぐに気にならなくなって美味しくなってくる。だそうです。
 来て良かったでしょ~?と聞いたら、
 他に類似品がないから、来ないとね。ですって。こらこら。

 そうそう、給仕には非常に時間がかかります。
 これだけの内容で、食べ終わったら3時間経過していました。
 ゆったりのんびり会話やお酒を楽しみながら、食事をいただくお店です。
 でも、給仕のお母さん方がとても素敵なので、
 時間がかかっても気になりませんでした。 
 漢方が苦手な人もいらっしゃるでしょうし、高いと思われる方もいらっしゃる
 (漢方って高いから、お値打ちだと思うんですけれどね)ようですので、
 向き不向きが出るお店なのかもしれません。
 
 あ~美味しかった!ご馳走様でした!やっといただけました!
 これで主人もまた一緒に行ってくれるでしょ~
 また、お伺いします♪

 満拿
 名古屋市中区栄4-5-22 はとビル5F
 052-242-0384

関連記事
スポンサーサイト



コメント

こう寒いと薬膳鍋って食欲がそそりますねー
御主人のニンマリ顔が思い浮かびます(笑

今、気がついたんだけど、此処のビルに1度行ってたようです自分。
和食で、しくったの思い浮かびました(汗

りゅ@さんへ

コメントありがとうございます(^_^)

> 御主人のニンマリ顔が思い浮かびます(笑

想像しやすくなって何よりです。


> 今、気がついたんだけど、此処のビルに1度行ってたようです自分。
> 和食で、しくったの思い浮かびました(汗

あ!!!!!
姉御と一緒にっていう、電子音の話~ちゃんと憶えています。
あ~ここだったんですね。
そうかそうか。。。。。

「薬膳鍋」これは他にない味なのでオススメです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/587-5be5b822