スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京 精華 後半~満足じゃ余は満足じゃ 

 京 精華 前半からの続きです。
 凄く色が綺麗でしょ~♪
 白は烏賊とホワイトアスパラ 緑はアスパラと空豆
 
 ソースが美味しい!フレンチやイタリアンだったらパンでぬぐえるのに!と思ったら

   可愛いせいろに入ったお饅頭が~聞こえました?私の声が。
   マダムが「シェフの大きな手でこれを作るんです」って
   そのおっしゃり方が、愛おしそうで可愛らしい。
   比較対象は私の太い指。。。
   P4162732.jpg
   八角が効いたスパイシーなチキン。手づかみでもしゃもしゃ。
   青唐辛子の風味がするソースが添えられていて付けるとまたひと味違って楽しい。
   サラダにかかっているドレッシングも青唐辛子がぴりり。いいな~これ。
 P4162733.jpg
   下はフランで上の具材はエビです。
   見た目から美味しそうで食べても美味しいって良いなぁ。
 P4162737.jpg
   ↑のエビの頭が出てきた。よく天麩羅屋さんで出ますよね。こういうの。
   P4162740.jpg
   野菜の酢漬け~というよりは中華風ピクルスの方がイメージに近い。
   少しぴりっとしていて、これだけでエンドレスで呑めます。
   「これ、全部食べる人なんていないですよねぇ?」と伺いましたら
   「それが、ワインを呑みながら
    ずーっとこれを召し上がっている方がいらっしゃいましたよ。
    宜しければゆっくり呑んでいらしてくださいね」とマダム。
   脳内のイメージを実践した人がやっぱりいましたか。
   でも、多分、私には無理。胃の容量が~持って帰りたいよーこれ。
   P4162745.jpg
   さーっぱりの麺。出汁が美味しいな。これならもっと食べられる~
 P4162748.jpg
   「お腹の具合は如何ですか?」とマダムが食べられる量を聞いてくださいました。
   ノリノリで、一膳いただきます~
   これが後に響きました。馬鹿です。半分にしておけばよかった。
   青菜炒めご飯~油の効果なのか、お米の性質なのか、
   何か他の隠し味なのか分かりませんがミルキーでまろやかなご飯。おいし。
 P4162749.jpg
   杏仁豆腐!これ美味しい!おかわりしたいね!と言っていたら~
 P4162751.jpg
   じゃん。ワインクーラー(?)にどかんと冷やしたまま登場。
   どうやらひと組にこの容器一つずつが割り当てのようで。
   すくって食べるー食べるー食べるーたべ・たべ・た~~~~♪
   ・・・・・・・・・・・・・・・く・苦しいです。
 P4162754.jpg
   まだあるんですかぁ?
   これがホントに最後だそうで。
   フルーツティーとマーラーカオ
   フルーツどっさりで凄く美味しい~♪
   どんどん味が変わるので、何杯だって飲みたいのに、苦しい。
   おいしい。くるしい。おいしい。くるしい。
 P4162757.jpg
   上品なワインも合いそうな中華料理らしからぬ中華。
   実際にお隣に座った方はワインをお召し上がりでした。
   柔らかく素敵な物腰のマダム
   品数も多いし、全然油っこくないのにボリュームもあります。
   いやいや。納得。満足。
   良いものをいただきました。

   ご馳走様でした。
   京都日帰り強行旅行の〆にふさわしいお店でした。
   ここはまた行きたいです
   
  京 静華
  京都市左京区岡崎円勝寺町36-3 2F
  075-752-8521
  17:30~20:00(L.O)(要予約)
  定休日 月曜・第1第3火曜

関連記事
スポンサーサイト

コメント

RIYOさん!
先ほどは雨の中ご来店ありがとうございましたv-238
こんなエレガント中華があるなんて!
私も京都へ行った時には立ち寄りたいです。

カオルさんへ

早速のご訪問ありがとうございました。
そして、水出しのダージリンティーご馳走様でしたv-238
少し暑い日に本日購入しましたマスカットの紅茶を淹れてみたいと思います。

エレガント!
そうです。まさにその言葉がぴったり!
機会があったら是非お試しくださいませ。
その時はご感想を教えてくださいね。

またお店にもお伺いします!
今後とも宜しくお願い致します。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/694-ef29c775

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。