スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柳家 2011.6.前半~若鮎がお目当て♪ 

   今回の柳家さんは解禁になったばかりの若鮎がお目当て♪
   いつもの友人や初めてご一緒する方~皆々様で楽しく囲炉裏を囲みました。
   
   中に入ると、既に馬瀬川のアマゴが焼かれています。
   
   こんなに美しいアマゴは初めて見るかも。渓流の女王・・・なるほど。
   焼き上がるのを待ちながら~乾杯をします。

   お通しはいつもの、へぼ。成虫も入れると旨味が増すとか。
   P6193835.jpg
   アマゴが焼けました。
   口に入れて 

   ▲○×※◆☆!!!!!  
  
   何を言ったんだか、興奮してしまって、もう私としたことが。
   身のふっくらとした食感、皮の香ばしさ、鮎ともまた違う独特の香り~
   これを一番最初に食べていたら、川魚で一番好きなのは?と質問されたら
   「アマゴ」と答えるようになっていたでしょう。
   P6193852.jpg
   さて、お次はお目当ての鮎が登場です。解禁直後の若鮎。
   それでも15cmくらいかな。この時期にしては大きな個体。
 P6193846.jpg
   毎度の事ながら、これは壮観です。
 P6193857.jpg
   焼けるのを待っていると出てきたのは 主サイズの岩魚
   流石に串に刺しては焼けませんから調理場で焼いてきていただきました。
   みんな大興奮で、撮影会の始まりです。
 P6193861.jpg
   どうしてもこの角度で撮りたい・・・
 P6193862.jpg
   身をほぐしていただいて、人数分に。やっぱり若干大味かな。
   それにしたって、凄いものをいただきました。
   P6193883.jpg
   いつの間にかお酒も変わり、小鮎の天ぷら~
   苦みも何もかもひとくちで収まるところが好きなんですよね。
   自然にバランスのとれた味になるのだから不思議です。
   P6193869.jpg
   鮎焼けた。
   P6193871.jpg
   はい、ご一緒に
   シャーーーーーー!!!  やらないと気が済まなくなってきたわ。 
   流石共釣り・・・目茶苦茶怒った顔をしているようにみえます。
   P6193873.jpg
   2匹目は蓼酢をつけて~
   P6193879.jpg
   秋の終わりの巨大鮎も美味しくいただきましたが、
   どちらかというと今回の頭から気楽にむしゃむしゃいける今回の鮎の方が
   風味も含めて好きですね。
   他の地方の鮎もいただいたことがあるのですが、
   やはり岐阜県の鮎が私は一番好きです。
   餌の苔の香りが異なるからだと聞きますが、全く風味が違うんですよね。

   さて、また長くなってきましたから、明日に続きます~   

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/749-efd8e9d2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。