スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京菓子司 末廣屋~銘菓 老松をいただきました 

  コムシコムサでお腹がいっぱいになった私達は、バスを利用してぐーんと南下
  次の目的地に向かう前に、ちょっと寄り道をしまして気になる和菓子店へ伺いました。
 
  京都には星の数程和菓子屋さんがあるので、           '12年2月訪問
  行きたいお店だらけで毎回吟味するのが大変です。

   店内にはカステラや、カステラの副産物だと思われるメレンゲなど
   美味しそうな物がたくさんあって目移りしそうですが…
   P2048573.jpg
   初志貫徹、銘菓老松を購入することにしました。
   どっしりとした風格のある老いた松をイメージした、上品な京和菓子です。
   簡易箱11個入り\1050-
   こしあんと粒あんを練って板状にして表面を粉で覆って焼いたモノ。
   見た目に反して、しっとりとしていて香ばしさはあまりありません。
   冬場は消費期限が5日だったかな。
   それにしても乾燥してしまってはこの美味しさが半減しそうなので
   結局一気食いでした。ハハハ。
 P2058805.jpg
  何と言いますか、洗練された生菓子とは異なる素朴な優しい味。
  だからといって野暮ったいという訳でではないところが
  このお菓子の凄いところだと思います。
  なるほどな~と妙に納得しながらいただきました。

  ご馳走様でした!
  忘れた頃に食べたくなる味でしょうから、またきっと購入すると思います。


  京菓子司 末廣屋 「HP」
  京都市東山区泉涌寺雀ヶ森町3
  075-561-6043
  9:00~19:00
  定休日 水曜日


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/960-d127a0ee

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。