スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

柊家旅館~京都老舗旅館に初めての宿泊 

  珈琲で喉を潤した後は、今回のメインでもある旅館に向かって歩きます。
 
  京都老舗旅館御三家の一角 柊家旅館 です。
  文豪 川端康成の定宿として有名なのだそう。
  別館、新館とありますが、
  やはりここは江戸末期から昭和までの風情が残る
  数奇屋造りの旧館に泊まることにしました。
 P2048611.jpg
  お迎えのところから、気分はお大尽。
  ほほほ。少しばかり、優雅な気分です。
  案内されたのは2階のお部屋。    

  部屋に通され、まずはお抹茶と部屋菓子をいただきました。
  部屋菓子は 加賀屋清和 の朧月 
  お抹茶はたっぷりで、少し熱め。ゆっくりいただきます。
 P2048615.jpg
  生姜の風味がする皮、中は餡。しっとりとした生姜煎餅のようなイメージです。
  後で、この部屋菓子を作る加賀屋清和について調べてみたら、
  現在はお店を閉められていらっしゃり、一般には販売されていないそうです。
  このお店の生菓子をいただいてみたいと思ったのですが…
  しまった。このお菓子を購入すれば良かったわ。と思ったのも後の祭りです。
 P2048626.jpg
  お抹茶が済みましたら、すかさずほうじ茶が。至れり尽くせりです。
 P2048619.jpg
  手厚すぎて、お尻がムズムズする~という主人を尻目に私は大はしゃぎ。
  部屋を一周してみましょう~
 P2048612.jpg
 P2048618.jpg
  紅葉の頃はさぞかし美しいでしょうね~
 P2048622.jpg
 P2048621.jpg
 P2058687.jpg
  お茶碗、湯飲み、アメニティ・・・色々なところに柊があしらってあります。
  部屋のお風呂の写真は撮り忘れましたが、
  広くはないものの、檜の良い香りがするお風呂でした。
 P2048628.jpg
  現在六代目の柊家。由緒正しい老舗旅館です。
  元々は、海産物商、その傍らで運送業を営み、
  求められるまま宿貸しをしていたらそれが本業になったそうです。
  下鴨神社の末社 平良木神社(柊が自生している)に初代が深い信仰をもち
  屋号を柊家としたそうです。

  折角、節分の時期に京都の旅館に泊まるのですから…柊家。厄除けになったかしら。

  次はお待ちかねの夕食です 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://piyo0718.blog76.fc2.com/tb.php/963-a19bb732

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。